株主優待は第二の配当と言われています。本来の配当は、企業の業績に見合った株価を形成していますが、配当も業績に見合ったものになります。株式会社は出資者である株主に対して、利益を還元する方法です。
株式市場では、業績が悪い企業を除き、配当という還元を金銭で行っています。
株主自体も、慈善事業で出資しているのではなく、出資した以上に還元してもらうことが主目的です。
企業が永遠に続くのであれば、配当も永遠に続くことになり、お得です。
市場法では、永遠に企業が存続することが大事ですが、この主目的の配当では、この配当利回りも、銀行などの基準金利である公定歩合がゼロ金利政策を実施しているため、配当利回りは非常に高いといえます。
第二の配当と言われている株主優待は、金銭で行われるものではなく、多くの企業は業務に見合ったものを提供しています。
例えば、テーマパークであれば入場券の交付やレストラン系の企業であれば割引優待券や金券などが配布されます。
こうした株主優待は、不要なものがあれば金券ショップで売却することができるので、金券ショップではお得感のある金券ショップを買い求める顧客も非常に多いのです。
人気があるのは、マクドナルドホールディングスのハンバーガーセット券が人気です。セット券があれば、欲しいバーガーを選択できるので、非常にお得感があるからです。
映画券なども映画館の窓口で料金を支払うよりも安くつくので人気です。
この株主優待は、安定株主対策でもあり、企業業績が悪くなっても、配当が無くなるのに比べて優待は中々なくならないのです。これは、もともとの目的が違うからです。
一般投資家に密かな人気があるのが株主優待なのです。